当サイトについて


当サイト(DQ10 自動狩り研究所)は、ドラクエ10の自動狩りアルゴリズムを研究しています。

ドラゴンクエストが大好き。
だけど10はネットゲームになっちゃったから、レベル上げが本当に大変!!
たくさんの職業をレベルアップさせないと、弱くて周りに迷惑をかけてしまい、全然楽しめない。
勉強・バイトに忙しい一般人にとっては正直厳しいですよね。
週末しかゲームができない人でもドラクエ10を楽しめる様になればいいな~
と思いこのサイトを立ち上げました。

特徴


 敵追跡機能  敵のカーソルを認識して追跡します。動いている敵にも自然に接近する事ができます。
 自然で無駄が少ない効率的な狩りを実現します。


 全マップ対応  全ダンジョン、全フィールドに対応しています。
 広いフィールドで自由に移動しながら自動狩りさせるも良し、敵が密集しているダンジョンで効率良く自動狩りさせるも良し。


 地形認識機能  地形から移動できる方向、できない方向を調べながら移動します。
 「壁に近くなったら方向転換する」という人間が無意識に行っている操作を実現します。
 この機能がないと、壁に向かって走ってしまうという不自然な動きになってしまいます。
 (この機能は他のBOTにはありません。2014/02/17現在)


 狩り範囲指定機能  狩り範囲を指定する事ができます。ダンジョンでは人間同等の狩り効率を実現できます。
 有名な狩り場は全て登録されているのでめんどくさい設定は不要です。
 もちろん自分の好きな範囲を選択する事もできます。
 (この機能は他のBOTにはありません。2014/02/17現在)


 宝箱を取る機能  非常に高い確率で宝箱を取る事ができます。
 持ち物が一杯の時は、小さなメダルなど取れるものだけ取る事ができます。


 じゅもん、とくぎ、ひっさつ  じゅもん、とくぎ、ひっさつを使って賢く狩りをする事ができます。
 MP状態を把握してMPが多い時だけじゅもん、とくぎを使い、MPが少ない時は通常攻撃に自動で切り替わります。


 応援返答機能  応援されたら「ありがとう!」と返答する事ができます。


 狩り場変更機能  定期的に狩り場を変えながら狩りをする事ができます。
 同じ場所で長時間狩りをしていると怪しまれてしまいます。
 少しずつ場所を変えて、目立たない様にレベル上げをする事ができます。
 (この機能は他のBOTにはありません。2014/02/17現在)


 強敵回避機能  ドラゴンゾンビが出たら逃げる事ができます。
 また、狩り場を変えて狩りを続ける事もできます。


 マクロ停止機能  万が一死んでしまったら場合には、復活地点でマクロを停止させる事ができます。


 遠隔操作&状況確認  スマートフォンからパソコンへアクセスしてマクロやゲーム状況を確認したり、操作する事ができます。


 録画機能  マクロ中のゲーム映像を録画することができます。
 狩り効率をチェックしたり、イタズラされていないか確認する事ができます。


 自動スロット完全対応  通常時は3枚賭け、テンションアップ、メタルスピン時に9枚賭けを自動で切り替える事ができます。
 宝箱ゲームにも完全対応していて、理論上最速でコインを増やす事ができます。


 自動ポーカー完全対応  もっとも勝率が高いベーシックストラテジー通りにカード選択する事ができます。
 人間よりも早く正確にゲームをプレイします。
 (この機能は他のBOTにはありません。2014/02/17現在)


 自動ルーレット完全対応  1-18、19-36、EVEN、ODD、赤、黒、又はいずれかをランダムに賭ける事ができます。


 ソースコード公開!全て変更可能!!  ソースコードは全て公開しています。
 少し変えれば攻撃の仕方、移動の仕方を自分の好きな様に変える事ができます。
 たくさん変えれば、なんでも出来ます!可能性は無限大!



仕組み(Wii版)


ゲーム機から映像信号をビデオキャプチャでパソコンに取り込み、画像処理で狩りの状況を判断します。
キャラクタの移動、コマンド入力はキーボード信号をエミュレートして、パソコンからゲーム機に送ります。




新着情報

2014.02.16
・自動ルーレットマクロ(poker.c)追加。
2014.02.11
・自動ポーカーマクロ(poker.c)追加。
2014.01.20
・自動スロットマクロ(slot.c)追加。
2013.12.28
・持ち物がいっぱいの時に宝箱を取ると、動作が止まってしまう問題を修正。
2013.12.23
・Windows版で位置情報が取得できずに、マクロが開始しない不具合を修正。
・マップのマスク処理の不具合を修正。
2013.12.22
・カーソル位置検出のアルゴリズムを変更。
・洞窟マップに以下を追加
-ラニ大洞穴①~⑦
-ボロヌスの穴①~⑥
-砂岩の洞くつ①~⑥
-狩人のほら穴①~③
2013.12.15
・ドラゴンゾンビが出たら逃げて狩り場を変える機能を追加。
2013.12.11
・MPがないのにじゅもん・とくぎを使ってしまう不具合を修正(MP閾値のデフォルトを10→30へ変更)
2013.12.10
・狩り場を変更しながら狩りをする機能を追加
・windows版をマージ(北けんさん参考にさせていただきました。ありがとうございます。)
・狩場の中心を自動でホーム地点に設定するオプションを削除。(デフォルトで自動設定)
2013.09.28
・不要な定数削除
2013.07.26
・v1.5対応(自動セットアップ手順修正)
2013.05.16
・v1.4対応(自動セットアップ手順修正)
・マップ「メギラザの洞くつ」を追加
2013.05.05
・便利な使い方[スマートフォンから操作・確認]、[マクロ実行中の映像を録画]を追加
2013.04.11
・応援された時に「ありがとう」を返す機能を追加
2013.03.30
・マップを日本語に変更
・マップ一致の閾値をオプションで変更できる様に修正
・下記マップを追加
-ヴェリナード領北(通りすがり様ありがとうございます)
-ペシュヤ地下空洞(とかげ様ありがとうございます)
-カミハルムイ領北(とかげ様ありがとうございます)
-夢幻の森(とかげ様ありがとうございます)
2013.03.24
・移動時に周辺チェック処理を追加
(これにより以前まで発生していた「壁に向かって走る」などの不自然な動きが減ります。
また、マップがない狩り場での効率が上がります。)
・自分で作成したカスタムマップを指定できる機能を追加
・狩り範囲を自由に設定できる機能を追加
・ホーム地点:自動設定で、中心が移動できないエリアの場合にエラーになる問題を修正
・下記マップを追加
-アズラン地方
-キリカ草原
-ツスクル平野
-久遠の森
2013.03.17
・攻撃だけを自動化するセミオート [自動攻撃]を追加(診断)
2013.03.10
・診断モード[自動セットアップ]追加
・マップ「ロンダの氷穴1F」、「キュララナ海岸」、「シエラ巡礼地」追加
・敵を見失った時に調べなおす処理を追加
2013.03.03
・マップ「落陽の草原」を追加
2013.03.02
・さい様バージョン8アップロード
2013.02.23
・「宝箱」のメッセージを監視して、宝箱が出た時だけ取る動作を行う様に修正
・「しらべる」コマンド表示中にマップ外に出ると、ホームへ戻れない不具合を修正
・戦闘中の動作高速化
・戦闘終了後のWait時間短縮
2013.02.16(2)
・しらべるの結果が残っているとハマる不具合を修正
2013.02.16
・じゅもん、とくぎを使用するオプションを追加
・ひっさつを使用するオプションを追加
・狩り場中心をホームにするオプションを追加
・トガス岩道の①と③を入れ替え
・コマンド入力高速化
・狩り効率が悪いいくつかのオプションを削除
2013.02.10
・マップ「捨てられた城」を追加
・「しらべるでモンスターを探す」をデフォルト設定に変更
2013.02.06
・マップがない場所で狩りをする機能を追加
・モンスターがいない時は、移動せずにその場所で待つオプションを追加
・コマンド高速化対応(その1)
2013.02.03
・「しらべる」でモンスターを探す機能使用時に、キャラクタが方向転換できない問題を修正
2013.02.02
・「しらべる」でモンスターを探す機能追加
2013.01.31
・マップ「グルグ地下道」、「ジュレー島上層」を追加
2013.01.29
・まんたん後に無限ループに入る不具合修正
・オプション「マップ無効部分(外縁)」を追加
2013.01.28
・マップキャプチャマクロ(map_cap.c)追加
2013.01.27
・マップ「ジュレー島下層」を追加
2013.01.27
・マップ変換(キャプチャ画像⇒2値画像)用マクロ追加
2013.01.20
・全滅したらマクロを停止する機能を追加
・「仲間の呪文で復活する」機能が正しく動作しない問題を修正
2013.01.14
下記マップを追加
・ダズの岩穴
・モリナラ地下洞
2013.01.04
・マップ「砂岩の洞くつ」追加
2012.12.22
・宝箱を拾うオプションを追加
・マップ「海賊のアジト跡」追加
2012.12.15
下記マップを追加
・トガス岩道
・ポポラパの洞くつ
・モガレの洞くつ
2012.12.13
マップ「オルッパ地下洞くつ」追加
2012.12.06
診断[キーボード]追加
2012.12.05
「アルゴリズム」追加
2012.11.27
サイト立ち上げ
inserted by FC2 system